アイドル横丁夏まつり 思い出に残るユニットにてAbemaTVで思いもかけずアイドル横丁夏まつりを楽しませてもらったことを書きました。どこがよかったのか振り返っておきたいと思います。

中継したこと自体がよかった

まずはアイドル横丁夏まつりを中継したこと自体がよかったと思います。当日こぶしファクトリーのブログを見ていて、アイドル横丁夏まつりの Webサイトに飛んだら、AbemaTVで中継することを知り、どんなもんかという感じで見てみました。

アイドル横丁夏まつりにはいくつかのステージがあるのですが、中継は一番大きいステージを朝から晩までずっと映していました。そのシンプルさが臨場感を高めたと思います。

音質・画質がよい

結局はパソコンのWebブラウザから見ましたが、スマホやタブレットからも視聴できるのがいいですね。

音質も悪くないし、画質も悪くないです。スタッフさんがアイドル現場に慣れているからということなのでしょうが、無料コンテンツというのではなく、ちゃんとした音楽番組の中継になっているので、驚きました。

しかも無料

やはり驚くのはこれだけの内容が無料だということ。わたしは音質にも画質にも満足したので、少額なら聴取料を支払ってもいいと思ったくらいです。

見る人の気持ちがわかっていらっしゃる

2日目のエンディングが終了したあと、中継時間の終了までまだ時間がありました。そうしたら時間が来るまで1日目のSUPER☆GiRLSのパフォーマンスを再放送してくれたんですね。

これはかなり嬉しい衝撃でした。なんか楽しかったです。昔のナイターは放送時間を延長して放送してたじゃないですか。それと似た、また台風が来る時にワクワクしているのと同じような楽しさがありました。このような臨機応変さはいいですね。

地上波を乗っ取るまでがんばれ

実際AbemaTVは随分人気があるようですね。テレビ朝日と関係がある点はちょっと気になりますが、地上波民放テレビを凌駕する存在を目指してがんばってほしいなと思います。