Irrational Universe

この素晴しく不条理な宇宙について

Category: 派遣

ライバルとの対決の総括

先日ライバルと対決する機会がありました。そのことについて
簡単に総括しておきたいと思います。

## なごやかに対決

対決とは言え、別にケンカをするわけではありません。
私もライバルもよくしゃべるほうなので、かっこよく言えば
論戦を繰り広げたと言えるでしょう。

### 和食料理店で対決

対決は和食料理店で行なわれました。まあ居酒屋の一種ですね。
対決は大体4時間くらいかかります。双方言いたいことを言いあって、
話し終えると大体そのくらいになります。内容のあることを
話し合うのにはそのくらいの時間がかかるように思います。

4時間も長居できるのは居酒屋くらいしかないので、対決は
大抵居酒屋ということになります。

### 酒を飲むのが好き

私もライバルも酒を飲むのが好きです。というか会ったときに
酒を飲まなかったことがないほどです。この点でも居酒屋で
対決するのは好都合です。最後まで酒を飲み続けながら話をするので、
店も喜んでいることでしょう。

### うまいものを食べるのは無駄

で、食べるものですが、話の内容に集中してしまうので、
料理に関する関心が薄れてしまいます。おいしいものを
食べるのは悪いことではないし、まずいものを食べたいとも
思いません。が、料理の味をうんぬんしている暇がないほど
話し続けるので、うまいものを食べるのははっきり言って
無駄です。

うまいものを食べるのはあまり話題がない人と行くのがいいと
思います。あまり話題のないカップルが料理のおいしい
お店に行くのはわからないでもありません。

## どうライバルか

私はあまりライバルというものを意識したことはありません。
昔から勝負心に欠けるところがあるのです。私がライバルと
思ったのはこの人が初めてと言ってもよいでしょう。

### 経緯

初めて出会ったのは新入社員での同期入社のときです。
そして初めて会話したのも同期の飲み会のときでした。
つくづく酒がからむと思います。

それ以来、普通にライバルとして、ボーナスの額や
昇進時期、社長表彰などで競ってきました。

ボーナスの額は同額、昇進時期は私が少し早く、
社長表彰はライバルに負けました。ライバルは自ら
手掛けた仕事で代表者として表彰されました。
私はたまたまいたグループが社長表彰されたので、
言わばおこぼれにあずかったようなものです。この点では
ライバルに完敗です。

### 派遣社員という境遇

現在は二人とも退職して派遣社員です。
ライバルは「二人とも実力があるから
派遣社員になれるんだよね」と不遜なことを言っていました。

私は自分がそうとは思いませんが、派遣社員に実力が要求されるのは
その通りなので、ある意味同意しています。

### 人間的成長

じゃあ今は何を競ってライバルとなっているのか。
わかりやすい指標はないのですが、「人間的成長」なのかなと
思います。

久々に会ってライバルが人間的に成長しているのを感じて
とても嬉しかったです。できれば私も人間的に成長しているのを
認めてほしかったですが、ライバルはどう感じ取ったのか。

もちろんライバルですから直接聞くことはできませんが、そこで
負けるとライバル扱いしてもらえません。お客さんになってしまいます。
次回の対決があるのならば、ライバルとして
認めてもらえているということでしょう。

その意味で次回の対決が楽しみです。

## 話題

4時間も対決しているのですから話題は多岐に渡ります。

### 情報交換

これはあまり重要ではないのですが、かつての同僚の消息や
自分たちの境遇の変化などを伝えあいます。料理でいうと
前菜というところでしょうか。

### 建設的な話題

そして圧倒的に建設的な話題が多いです。物事をどう認識しているか。
それにどう対処していくつもりなのか。今後にどうつなげていくか。
今関心のある話題、その関心の根拠。意外にも意見の一致を見るところが
またライバルということなのでしょう。

何気ない話題でも示唆に富むことが多く、私は対決が終わってしばらく
してからその真意がわかることが度々です。

### 手加減なし

私がとても嬉しいのは、ライバルとの対決で手加減する必要が
ないことです。自分が言ったことがそのままライバルに伝わる。
解説をする必要がありません。また私もライバルの言ったことを
そのまま理解しているつもりです。

ライバルというと駆け引きが必要なように思えます。もちろん
多少の駆け引きはあるでしょう。しかしライバルですから、
自らの境遇に引き比べて、
駆け引きは割り引いて、ストレートに真意を理解できるわけです。

手加減なしで対決できるライバルがいることは私にとって
何物にも替えがたいものの一つです。

## 時間の引き戻し

よく同窓会などでおばさんたちが「当時に引き戻された」という
ことを言っています。私も今回初めてその感覚を味わいました。

今回の対決ではライバルと最も熾烈に競い合った
25歳前後の感覚で対峙することができたのです。

### 時間は引き戻されたまま

ただ、おばさんたちと(いや同じくらいの年なんだけどね)違うのは
対決が終わっても25歳前後のままだということです。

私は特に派遣の仕事をするようになってから、自分がまだ25歳くらい
の気分でいるのです。まだこれから自分の知らない世界が目の前に
広がっていてワクワクするような気持ちなのです。

だからライバルとの対決中もそうでしたが、終わってからも日常に
引き戻された中年のしょぼくれたおじさんではなく、気分は25歳前後
のままです。

これからスキルも磨いて派遣社員としていつでも力を発揮できるように
しなければなりませんし、また成果も求められます。

かと言って、派遣社員のまま一生を終えると決まったわけではありません。
自分のこれからの人生がどうなるかわからない、自分で決めていける
というワクワク感が25歳くらいの気分につながっています。

### パワフルに

ライバルもたぶん同じ気持ちなのでしょう。ブログに「昔より
パワフルになった」と書いていました。

前回の対決では私が退職したということもあり、年齢を意識した
成熟した対決になりました。今回は年齢を忘れて、というか
今どうなのか、今後どうしていくか、丁々発止の対決となりました。
年齢なんか気にしていられません。

私は昔から厭世的な側面がありましたが、私もライバル同様
「パワフル」になっているつもりです。

## 同じ釜の飯を食う

最後の料理は釜飯でした。二人分のご飯が小さなお釜に入って
出てきました。ライバルと半分こして食べました。

これでライバルであるとともに、同じ釜の飯を食った仲間とも
なった訳です。

しかし私は仲間であるのもいいけれども、互いの人間的な成長を
競い合い、認めることのできるライバルでありたい、そう思います。

派遣考(0) 社会の変化 明るい面を見るか、暗い面を見るか

最近になって派遣の仕事をしてみて、いろいろ考えるところが
あったので、ぼちぼち書いてみたいと思います。

## 社会の変化

### 非正規雇用が増えると

今後、派遣労働者のような非正規雇用が増えそうであり、
政府もそれを後押しするような政策を実施しようとしている。

これをよくないとする声が多い。

確かに非正規雇用ではまずローンが組めないと思う。
組めても35年ローンなんて無理すぎる。したがって

* 住宅販売戸数の下落
* 自動車販売台数の下落

などという傾向が出てくる。

非正規雇用者は一生賃貸住宅での暮らしを余儀なくされて、
自動車も買えず、結婚もできないということになる。

住宅も車も売れないとなれば、日本の将来は暗い。

一握りの正社員や公務員が蓄財して、マンションや
アパートの大家となり、非正規雇用の人はそこに住み、
格差はどんどん開いていく。

非正規雇用の人は借金もできず、困窮したときには、
生活保護に頼るしかなくなる可能性がある。

年金や国民皆保険も崩壊する。そして日本は没落する。

そういう将来がないわけではない。

### 明るい未来もありうる

しかし、暗いシナリオに基いて、非正規雇用の将来は暗い、
日本の将来も暗い、と決まったわけではない。私は明るい未来も
ありうると考えている。

根拠は、「日本社会が資本主義で民主主義で法治国家である」から
である。あるいは「個人の自由が保証されている」と言ってもいい。

### 住宅ローンを例にとると

たとえば、非正規雇用の人が住宅ローンを組めない、という
問題がある。これは前述したように悲観的な話である。しかし、
銀行にとっても住宅ローンを組んでくれない人が増えるという
ことでもある。しかもそのような非正規雇用の人がどんどん
増えるということである。

銀行としては収入源がなくなっていくわけである。銀行はどうするか。
一つは住宅ローンを取り扱わない。もう一つは非正規雇用向けの
住宅ローン商品を開発する。私は後者の可能性が高いと思う。
もし開発しなければ外資が参入して取り扱うのではないか。
それよりは自分たちで商品を開発するほうが建設的である。

消費者金融は既に非正規雇用でもお金を貸している。
実際のところ住宅ローンを返せなくなったら個人再生させるとか、
抵当権を行使すればいいのではないかと思う。たぶん銀行が
面倒くさがって非正規雇用向けの商品開発をやらないだけだと思う。

今のは単なる例であって、私は銀行や金融に詳しくないから
想像でしかない。

言いたいことは「非正規雇用が多数派になったら、非正規雇用向けの
商品を開発しないと、会社は市場を失うおそれがある」ということ
である。これは消費者に直接向き合う会社はわかっていると思う。
でもその会社に商品や部品や素材を納入している会社はわかっているか
どうか。逆に非正規雇用に受ける商品を開発できる会社には商機がある。

### 非正規雇用が多数派になることのインパクト

ポイントは多数派、というところである。

資本主義では会社は利益を出し続けないと存続できない。
大雑把に言うと売り上げを上げて、キャッシュフローを維持できないと
倒産するしかない。

今後は消費者の性向が変わるのである。非正規雇用の生活スタイルを
知らないと非正規雇用が買う商品がわからない。

その非正規雇用が少数なら無視してもよいが、多数派になる
のである。市場に変化が起きる。もっと言うと産業構造に影響を
与えるほどの変化が起きる。

その多数派にアプローチできない会社はシェアを失うことになる。
シェアを失い、売り上げを失うか、それとも多数派向けの商品を
開発するか。

非正規雇用が多数派になれば、社会が無視できない、市場を変えるほどの
影響力を持つ。それが日本社会が資本主義であることからの帰結である。

### 同様のことが政治にも言える

日本では選挙権は一人一票である。正規雇用でも非正規雇用でも。
そして多数の票を得た人が議員となる。非正規雇用が多数派の
社会となれば、非正規雇用向けの公約を掲げた人に票は集まる。

もちろんこれは極論である。非正規雇用とは言え、大企業で働く
人もいれば、区役所で働く人もいる。大企業軽視、行政削減の
政策に反対する非正規雇用の人もいるだろう。
そもそも投票の動機は雇用の問題だけではない。

しかしながら雇用の問題は意外と根深い。世界には1/4が公務員という
国があるという。そこでの選挙はどうしても公務員向けの、政府の
意向が反映した選挙結果になるという。確かに公務員の数を減らそう
という候補者に1/4もの公務員は投票するだろうか。その議員が当選したら
職を失なうのは自分かもしれないのである。

同様に非正規雇用が多数派になれば非正規雇用の権利を制限しようと
する候補者より、非正規雇用の権利を拡大しようとする候補者に
票が集まる傾向が見られるようになると思われる。

「誰に投票しても同じ」というのは自分の生活がおびやかされる
心配がない人が言うことである。自分の生活が簡単におびやかされる
可能性のある非正規雇用は、より自分の生活がおびやかされない
候補者を選択するであろう。

これは日本社会が民主主義、権利能力平等からの帰結である。
多数派の動向が国を動かすのである。
独裁者が非民主的なやり方で多数派の動向を圧殺することはできないのである。

### そして日本は法治国家である

日本は法治国家であり、その法律は国会でしか作れない。
国会議員は非正規雇用という多数派の支持を得たわけであるから、
非正規雇用の権利を拡大することはあっても、制限することには
賛成しにくい。次の選挙で落選する可能性が高まるからである。

また事後的ではあるが、社会に影響を与える問題に対しては
立法して、社会への影響を抑えることが多い。非正規雇用が
多数派となる社会では、非正規雇用により生ずる問題については
非正規雇用への影響を小さくする法律、優遇する法律ができるで
あろう。時間はかかるが法整備により非正規雇用の権利が
守られてゆくだろう。

また裁判所の判決も非正規雇用に有利なものに変化する可能性がある。
社会に変化が起きる。裁判所も微妙に空気を読むのである。
使用者と非正規雇用者では非正規雇用者に有利な判決が出る
可能性も高まる。

日本が法治国家であるがゆえに、非正規雇用が多数派となった場合、
権利が守られることになる。

## まとめ

以上、非正規雇用が増えたところで、非正規雇用者の未来が
必ずしも暗いわけではないと思っている。

しかし、かなり強引な論理展開であることは否めない。
たとえば非正規雇用者が全員正規雇用を望んでいる場合、
以上の論理展開は破綻する。非正規雇用が多数派にならない
からである。

あくまでも「非正規雇用が多数派になったら社会にどれだけの
インパクトが考えられるか」という視点でのみの考察である。
そして日本は多数派の主張が認められやすい社会である。

ただ本当に重要なのは日本がどうなるかではなく、非正規雇用者が
どう生きていくかということである。自分は実力があるから、
どんな環境でも働ける、とか、日本が不景気だから海外で
働こう、というような気概を持って、非正規雇用という待遇を
満喫することが大事なことのように思われる。

健脚商売

口直しに少し記事を投稿しておきます。

## 意外に健脚

倉庫でアルバイトをしているのですが、意外なことに
私は「歩き回る」ことに向いていることがわかりました。

その仕事ではたぶん一日に一万歩くらい歩いているようです。
それでもそれほど苦痛には感じません。それどころか
休憩時間に座りたくなることもありませんし、お昼ごはんも
立ったまま食べています。

その倉庫に行くには20分くらい歩くのですが、帰りの電車でも
日によっては座らなくても大丈夫なのです。

家から倉庫へ行って、仕事が終わって、
家に帰るまで一万歩くらい歩きます。これは
iPhoneのアプリでの測定です。仕事中はそれで測定はできないので、
上記の数値を信用してみると、一日に二万歩くらいは歩いていることに
なります。

## 体育は苦手だったのに

私は体育が苦手で、走るのは遅いし、50m泳ぐと死にそうになります。
大人になってタバコを吸うようになって、走ると息苦しくなり、
余計運動とは無縁になりました。

こんな私ですが、意外と健脚なのには理由がいくつか考えられます。

### 自動車の運転免許を持っていない

私は自動車の運転免許を持っていないので基本的にどこへ行くにも
徒歩+公共交通機関を利用するしかありません。
今は自転車さえも持っていないので、本当に歩くしかありません。
タクシーもよほどのことがない限り使いません。

これが歩くのにそれほど苦痛を感じない理由の一つだと思います。
走るのを競う仕事だったら無理だったかもしれませんが、
早足や小走りなら苦痛ではありません。

### 仕事なら結構何でもやってしまう

普段の自分なら無理して歩くことはなく、楽する方法を考えて、
短い距離で行こうとか、今日は止めようなどと考えます。

でも仕事なら没頭してしまうと自分の限界を考えないで
がんばってしまうところがあります。あと仕事なら大抵のことを
やっても恥ずかしくないんですね。普段は大声を出すなんて
はしたないと思いますが、仕事では大声で挨拶してもちっとも
恥ずかしくありません。若い人に指示されても「はいっ!」と
返事をしてすぐに取り組みます。ミスしても「すみません」、
「申し訳ありません」とすぐに謝ります。言い訳なんかしません。

仕事中は他の階に行くのも階段を使います。エレベータを使っても
いいのですが、待ち時間が長いので、階段を選びます。2〜3階の
移動ですから。駆け上がるほどの元気はありませんが、歩きなら
苦痛は感じません。

そして運動をするとすぐに息が上がっていたのですが、
この仕事では息が上がるという経験はあまりありません。
昔に比べてタバコをバリバリ吸っているのに不思議です。

何でしょう。スイッチが入っちゃうんですかね。

### 疲れはやる気の問題だったのかも

私は昔から疲れやすいタイプでした。中学校時代は
学校から帰ると「疲れた〜」と言って、ベッドに引っくり返って
いたものです。

親はそんな私を心配して医者に連れて行きましたが、まったくの
健康体。でも医者は「体は大丈夫だが、精神面がちょっと…」と
言っていました。さすが医者ですね。今になってその慧眼に驚きます。

つまり私はやる気がないので易疲労感を感じていたのだと思います。
私は栄養ドリンクを飲んでも疲れがとれないので、不思議でしたが、
それはそうですよね。体は疲れていなくて、精神的に疲れている
だけなので、体の疲れをとる栄養ドリンクを飲んでも意味ないです。

ちなみに栄養ドリンクは糖分とカフェインの補給が主な作用
だそうなので、私は同じことなら、とレギュラーコーヒーを
飲むようにしています。

今は処方薬・タバコ・コーヒーでやる気を増強しているので、
あまり疲れを感じないのだと思います。

## まとめ

疲れは体力的なものではなく、精神的なものかもしれません。
体にだけでなく、精神に効く、疲労をとる薬が望まれます。
これで楽になる人も多いかと思います。

時給850円

日々アルバイト(単発の1日派遣)をやっているわけですが、

* 時給850円
* 時給1,150円
* 時給1,600円

というのを経験しました。
やっぱり時給と大変さは正の相関関係があると思いました。

この中では時給1,150円がバランスがいいのですが、こういう仕事はあまりあ
りません。時給1,600円は無茶苦茶大変でした。最後は顔面蒼白でした。

ということで時給850円の仕事をやることが多いです。大阪府の最低時給が820
円だそうなので、時給は安いのですが、黙々と作業することが多く、私に向い
ていると思います。

それに比べるとプログラマやSEの仕事は時給2,000円くらいが普通にあり、随
分恵まれているように見えます。しかも大阪ではプログラマやSEの仕事は売り
手市場らしいです。本当なのだろうか、と思いますが、市場がどうであれ、自
分がちゃんと派遣の仕事に就けるかどうかが目下の問題です。

ただ正直に言わせてもらうと派遣のプログラマやSEは、今までのアルバイトの
時給と大変具合から考えて時給5,000円くらいもらってもいいと思います。時
給2,000円は知識と経験と労働と心労を考えると安いですね。まあ派遣会社に
は時給5,000円くらい払っているんでしょうが。

でも自分にとっては時給2,000円は高いです。時給850円くらいが合っていると
思います。

## 付言

人材派遣会社の女性のネイル率はかなり高いです。3/4がネイルをしていまし
た。それも仕事に必要なのかもしれませんね。

あと人材派遣会社のIT担当の人はどのくらいITの仕事を理解しているのか、
ちょっと不思議に思います。ITの実務経験があるのか、それともキーワードの
みマッチングさせているのか。結構後者に該当する方が多いのかもしれません。

© 2019 Irrational Universe

Theme by Anders NorenUp ↑