## 使っているうちに遅くなる

技術的?な理由で最も大きいのはこの「使っているうちに遅くなる」です。

私は大きな問題だと考えていますが、起こっているのは私の環境だけ
なのでしょうか。

これの最も効果的な解決策は「Windowsを再インストールする」です。
残念ながら、アプリケーションソフトもインストールしないといけないので、
時間がかかるのが悩みどころです。

少なくとも設定だけでも残っていればいいのですが、そういうのはレジストリ
管理なので、きれいさっぱりなくなります。

## Linuxでは?

私はLinuxを使っています。Linuxは「使っているうちに遅くなる」という
ことがあまりありません。遅くはなっているのでしょうが、Windowsほどには
感じません。

また、ホームディレクトリを別パーティションにしておけば、OS自体を
再インストールすることがあっても、設定は残っているので、
アプリケーションソフトをインストールすれば以前使っていた状態から
使い始めることができます。また、ホームディレクトリに作成した
ドキュメント類もそのまま残るので、こちらも安心です(これはWindowsでも
別ドライブに作っていれば同じですけれども)。

アプリケーションソフトのインストールもUbuntuなどでは一括して
インストールすることも、そういうシェルスクリプトを書けば可能です。
シェルスクリプトといってもインストールしたいソフトを羅列するような
ものでいいと思います。

ちなみに私は必要になる度にインストールするのが好みです。自分が必要に
なるソフトって同じようでいて、微妙に違っていくんですよね。その辺を
感じるのが好きです。

## 将来は

将来はWindowsもLinuxもMac OS Xもなくなって、ネットワークを介した
アプリケーションソフトを使うようになるのかもしれませんね。そうなると
「OSが遅くなって困る」という悩みもなくなるのかもしれません。