## 快挙

[ハロプロどっぷり](http://blog.keibit.com/archives/226)でも
書いたJuice=Juiceですが、オリコンシングルウィークリー
チャート1位を取りました。

まずはめでたい。特筆すべきはハロプロでモーニング娘。以外
で初の1位であるということです。モーニング娘。の看板が
なくとも(ハロプロの看板はあるにせよ)1位というのは偉業であり、
欣快にたえません。

松浦亜弥でさえ、1位はソロではとれなかったのです。意外ですが。

これは強調してもしすぎることのない快挙です。モーニング娘。で
なくても活躍できるというのはハロプロにとって大きな希望です。

## 団結

Juice=Juiceはギスギスしたグループだと狼ではまことしやかに
言われていました。実際はそれほどでもないと、ミニライブ・
握手会に行って感じました。

それはそれとして、オリコン1位という結果はグループの団結に
寄与しているようです。

やれメンバー全員で焼肉に行った、カラオケに行ったなどと、
メンバーの絆がさらに強くなったようです。

ライブハウスのどさまわりや耐えがたい握手会などが続き、
これでいいんだろうかと悩んだことは想像に難くありません。

しかしオリコン1位という結果がついてきた。自分たちの活動が
実を結んだ、やってきたことが無駄ではなかったというのは
今後の活動の大きな支えとなることでしょう。

中野サンプラザでの単独コンサートも大成功に終わったようですし、
来年秋には日本武道館でコンサートをやるという大目標をたてました。

来年秋までに220公演を行うという過酷かつ無謀とも言える
活動予定ですが、これが達成できたにしろできないにしろ、
メンバーのモチベーションは高いまま維持できるのではないかと
思います。

## カラクリ

とは言え、Juice=Juiceのオリコン1位での売上枚数は3.4万枚。
前週や次週で1位を取ったのは数十万枚の売上枚数ですから、
3.4万枚で1位というのは棚ぼたです。

実は同週に『ニャーKB』という「AKB48選抜メンバー+妖怪ウォッチ」の
リリースがありました。これが見事にコケたんですね。
3万枚くらいしか売れなかったようです。

『ニャーKB』が売れない訳がない、当然ぶっちぎりの1位だろうからと
発売を控えたCDも多かったと思います。
ハロプロは4週連続リリースの最中で、たぶん負けてもいいやと
思って、一番売れていないJuice=Juiceをぶつけたのだと思います。
それがまさかの1位。

今一番勢いのあるカントリー・ガールズが4.5万枚、実力最強の
℃-uteが6万枚。曲に恵まれたアンジュルムが4.3万枚。
腐ってもモーニング娘。’15が10万枚ですから、
このどれがリリースされてもオリコン1位は取れた訳です。

運のみで取れた1位とも言えますが、実力は上がってきて、
魅力あるグループになっていますから、今度は運だけじゃなく
売上も伸ばした形で1位を再度取ってもらいたいところです。

## 紹介

Juice=Juiceのメンバーは5人です。モーニング娘。’15が13人、
アンジュルムが9人に比して少ない、ハロプロでは珍しい
少人数ユニットです。

なので、一人一人紹介していきましょう。

+ **宮崎由加**

– リーダーです。宮崎美子にすごく似ているので
親子かと思う人も多いですが、全然関係ありません。
歌もダンスもあまり評価されませんが、元ローカルアイドルだった
ので、一通りのことはできます。ふんわりした外見に似合わず、
運動量も豊富です。リーダーとして不適格との声も多いですが、
5人のグループのリーダーなんてカリスマである必要はありません。
最年長でありますし、問題ないと思います。

– 私は宮崎さんがしゃべっているのを聞くのが好きです。声は
なかなかいいですが、好みというほどではありません。
なんか説明が丁寧でわかりやすいんですよ。台本ありでも
なしでもどちらでもいい働きをします。

– 場内アナウンスなどのウグイス嬢の真似が特技です。かなりうまいです。
だから「ウグイス」と呼ばれたりしています。

+ **金澤朋子**

– サブリーダーです。この人は器が大きいというか
とても貫禄があります。実質的なリーダーでは? という人も
多いかと思います。とても親しみやすくかわいい顔立ちをしています。
貫禄のあるかわいさってなんだろうという気が自分でも不思議な
表現だとは思いますが、なんというかチャーミングなんですね。

– 歌もダンスも定評があります。歌割りから「ローズクオーツ」という
異名を持ちます。元々ハロオタであったため、いろいろと悪い
評判があり、ブレイクしきれない残念さがあります。「暴君」とも
呼ばれることがあります。チャーミングな暴君、Juice=Juiceの
カリスマ的存在なのではないかと思います。私はなんだかんだ
言って好きです。まだ19歳なんですが、精神年齢は高いと思います。
じっくりとお話ししてみたい、そう思わせます。

+ **高木紗友希**

– 歌がうまい。ハロプロ1ではないかという
評価もあります。コブクロの大ファンで、自分でも歌に全てを
賭けているような発言をそこかしこでしています。

– 顔は猿に似ています。口の悪い人からは「さるき」などと
呼ばれています。
自分でも自覚はあり、自分の写真に「モンキーがいます」みたいに
ブログに書いたりしています。

– バナナの置物があったときに、金澤朋子と植村あかりに
「あれは罠だ」と何回も言われたというエピソードが好きです。

– 握手会での対応が悪いという話もありますが、実際に
握手会に行ったときはなんかとても小さくてかわいかったです。
ちょっと印象が変わりました。意外に人見知りな子なんでしょう。

+ **宮本佳林**

– 「ちゃんさん」。自他ともに認めるアイドルサイボーグ。
アイドルになるために生まれてきたと言っても過言ではありません。
歌がうまいです。ストイックで努力を惜しみません。Juice=Juiceで
人気No.1です。まだ16歳。今後の成長にも期待が持てます。
Juice=Juiceで終わる人材ではないように感じます。ソロ活動も
していくのではないでしょうか。

+ **植村あかり**

– 美少女。ハロプロ外でも通用する正統派の
美少女と言われています。まだ16歳です。歌はあまりうまく
ありません。まあ伸びしろがあるということで。

– 美少女の癖に怪力であり、行動に不思議な点が多いです。
ホテルで宮崎由加を服のままお風呂に投げ込んだ、とか、
誰もが近寄りがたい雰囲気を持つ元Berryz工房の夏焼雅ちゃんに
抱きついてぐるぐる振り回したなどのエピソードを持ちます。

– Juice=Juiceに関心はない人でも植村あかり(とちゃんさん)は
大事にしたいという人が多いようです。年少でもありますしね。

## 以上

以上、なかなか魅力的なメンバーが揃っているグループです。

5/23にNHKホール大阪で単独コンサートがあるのですが、
それを知ったときにはチケットは完売ということでした。残念。

今後に期待の持てる楽しみなグループです。