## 主文

これからはこのブログでは下ネタを封印します。
過去のものについてはほとんどを非公開にしました。

## 理由

おっさんが下ネタを書くとキモいから、だそうです。

## 理念と挫折

このブログはこの宇宙の不条理さについて世に問うている
ブログなんです。読む人がどう思おうと世界に向けて発信しています。

私自身は下ネタは嫌いではありません。よくできた下ネタは
笑えるし、頭の刺激にもなります。

しかし、おっさんが書くとキモい。そして私は下ネタを書くのが
それほど上手なわけではない。ということで封印することにしました。

それはこの宇宙の不条理さの一部について言及することを
止めることになりますが、キモいならしょうがない。苦渋の決断です。

## 結構楽しみだったんですけど…

それはそれとして水原さんのことなんか書くのが楽しみだったので、
ちょっと残念ではあります。

どこか匿名のブログにでも書こうかと思っています。

あれは3行で要約できるようなことなんですが、最初に3行で
書かれても何のことやら、になってしまいます。

具体的な描写を積み重ねて、最後に到達した心境までを描き
たかったわけです。そして3行の要約を見ると、その要約が
決して抽象的なものではなく、具体性を持って理解できるような
ものにしたかったわけです。

## 語り得ぬものについては…

哲学者ヴィトゲンシュタインの「語り得ぬものについては沈黙せざるを
得ない」という有名な言葉があります。確かにその通りです。

ではその「語り得ぬもの」とは何か? という問いが当然のごとく
浮かび上がってきます。

つまり「語り得ぬもの」が何かということを発見するためには、
「語り得るもの」についてはどんどん語っていって、その限界を
発見するというアプローチがありうるというのが私の理解です。

科学哲学者マイケル・ポランニーが提唱した暗黙知、今では
経営層でも使うほど広まっています。暗黙知についても様々な
理解がありうるでしょうが、人間は自分が知っている以上のことを
知っていて、それは言語化されていない、と理解しています。
個人が単に秘匿しているノウハウとは次元が違うのです。

強引ですが、暗黙知は「語り得ぬもの」と向きが違うだけで
似たようなものと思っています。
ちなみにマイケル・ポランニーの著書は『暗黙知の次元』というもので、
ここで書けるような簡単な話ではありません。私は読んだのですが、
ころっと忘れています。まあ暗黙知にも次元があるんだよ、
表面的な暗黙知もあれば、暗黙知とも認識されない暗黙知もある、
といったところなんじゃないでしょうか…。

結局のところ言語化されていないものについては「言語化されていない」
、ということで思考停止するのではなく、言語化していくしかない。

というのが私が25年くらい前に栗本慎一郎の著書から学んだことです。

## このブログに自主規制が加わるわけで…

このブログでも「不条理」について似たようなアプローチを
していくつもりです。

宇宙というのは本質的に不条理なものだと思います。しかし
不条理な中にも物理法則で表わせるようなものもあるわけで、
まったくパターンがない、というわけではありません。

そもそも生物というのが不条理に反している存在です。
エントロピーの原理に反しています。

そして人間はその上に「社会」という虚構を作り、
条理を強いています。そしてその条理に反しているものを
「不条理」と言います。しかしその不条理は条理を元にした
不条理であって、人間が理解も認識もできないような
「不条理」ではありません。

人間が理解も認識もできない「不条理」というものがあるのか。
私はあるという立場です。そしてそれは言語化できるものか。
できないものが多いが言語化していくしかない。そもそも
言語というのものは表現のためのツールでありながら、人間の思考に
良く言って枠組み、悪く言えば足かせとなるものですから、
そういったツールに縛られている以上、最初から負け戦であることは
明白です。

言語という自己規制に加えて、下ネタ禁止という自己規制も
加わります。語り得ぬ対象が狭くなるのは残念ではありますが、
語るべき対象は非常に広大です。

今後も世界に向けて「不条理」について問うて行きたい。
今はそんな気持ちです。