## よく道を聞かれます

前にmixiでも書いたと思いますが、私は街頭でよく道を聞かれます。
数えたことはないのですが、平均して月に1回くらいは聞かれています。

これってすごくないですか?

よく知っている街だけでなく、旅行先でも道を聞かれることも
あるんですよ。もちろん知っている場合は教えますが、知らない
時は忸怩たるものです。なぜ忸怩…。

でもこれが逆ナンパだったら、月に一人は新しい恋人が
できているかもしれません。もしこれがスカウトだったら、
今ごろは人気アイドルになっていたかもしれません。

もったいない話ですが、自分にできる社会貢献ということで
満足しています。
ただ自分でもなぜそんなに道を聞かれるのかがわからないのですが。

私はほぼ絶対といっていいほど人に道を聞きません。あやうい時は
事前に地図を見たり印刷して携帯したりと万全の準備で臨みます。
今はスマホがあるので、そこまでの準備は必要ありませんが。

だから人に道を聞く人の心理がよくわかりません。
準備をしましょう。スマホを活用しましょう。
まあそれでもわからないからワラをもつかむんでしょうけれども。

## 実例

道を聞く人は老若男女さまざまです。

いくつか実例を挙げます。

### スタバ

近鉄阿倍野橋駅の出口を出たところで、同年齢くらいの女性から
目の前にスタバがあるのに、「スタバってどこにありますか?」と
聞かれました。簡潔に「そこです。」って指さして答えました。

なぜ目の前にあるのに気付かなかったのか、ですが、どうも
その女性はスタバに行きたかったのではなくて、スタバを
目印にどこかへ行きたかったようなんですね。

だから目の前にスタバがあるのに気付かなかったんだと思います。
キャラメルマキアート(があるのか知りませんが)を飲みたかった
のならたぶん気付いていたと思います。

たとえば喫煙者はかなりの確率で喫煙所を発見します。まあ
喫煙してはいけないところで、喫煙してしまう不届き者もいますが、
目的を持って探せば見つけることができるのだと思います。

### スマホ

先日は昼休みに仕事先の近くの道路で道を聞かれました。三人組の
スーツを着た若い男女で、一番若い男性が私に道を聞いてきました。
あとの二人は遠巻きに私を見ています。失礼なことです。

私も仕事先に勤務して間もないので、道路を間違って覚えていました。
ただその男性が持っている略図を見せてもらうと随分遠いところに
いるように思えました。

結局ラチが明かないので、私のiPhoneで地図を見て解決しました。
その男性は「この道をまっすぐ行ってセブン-イレブンのところで
曲がればいいんですね」と言いましたので、私は「あみだ筋まで歩いて
行って曲がるんですよ」と強調しました。
地図にセブン-イレブンがあっても、
その手前にセブン-イレブンがあるのに描かれていない可能性が
あるからです。

地図は過信したら駄目です。道は間違っていなくても
目印は網羅されていません。もしかしたらセブン-イレブンが
なくなっているかもしれません。ローソンになっているかもしれません。

若い男性は礼を言って去っていきましたが、私は内心大丈夫かなあと
思っていました。

そして3人もいるなら誰かスマホくらい持っていろよ、ということです。

### 女子高生

女子高生にも道を聞かれることもあります。自転車に乗った二人組の
ショートカットの運動部系の女子高生でした。

「××高校はどっちですか?」と聞かれました。そこへ行くのは
住宅地の中の道を通っていくので、説明が難しいし、私も行ったことがない(!)
ので、「あっちの方だよ!」と言ったら「わかりました〜!」と言って
去っていきました。

それでわかるのかよ! と思いましたが、実は
結構正しいとは思います。道を間違う時の最悪のパターンは
最初に間違った方向へ(多くは逆に)行ってしまうことだからです。
そして2回続けて間違うとリカバリが非常に難しくなります。
1回間違ったところで気付かないといけません。これは登山の基本
だそうです。間違ったと思ったら元のところに戻ることなのだそうです。
この場合は近くでしたが、自転車に乗っていて
探しまわるのも楽ですから、「あっちの方向」で用が足りたと思います。

え? なんで「かわいい」って書いてないんだって? 私は冷たくて
ノンセンチメンタルだからなんですよ。

### ハローワーク

文の里のハローワークに行く時でした。文の里(ふみのさと)というのは
大阪市営地下鉄谷町線の天王寺駅から南へ二駅行った駅です。

前は天王寺にあったのですが、最近文の里に一部移転したのです。
私は御堂筋線の昭和町という駅(文の里駅に近い)から歩くことに
しました。御堂筋線の長居駅に近いところに住んでいたからです。

とくに時間を気にしないので、事前に軽く地図を見て、あとは現地に地図くらい掲載
しているだろうと思い、準備をしませんでした。
時間を気にしないのでよかったのですが、これは悪いパターンです。
私は道を聞かれる割には方向音痴なのです。

行ってみたら、昭和町駅には最近移転したハローワークの行き方が
書いていないんです。
どの出口から出たらいいかもわからない。ここで駅員さんに聞かない
ところが私らしい。文の里駅の方へ行けばわかるだろうと思い、
歩き出しました。「税務署はこちら」という案内柱が立っていましたが、
「ハローワークはこちら」という案内柱は立っていない。
就職できないと税金も払えないんだから重要性は逆だろ、と思いますが、
頻繁に税務署に行く人生もどうかと思います。

それはそうとして当然のように間違った方向へ歩き出してしまいました。
方向は大体頭の中にあるので、遠回りをしてもたどりつけることは
わかっていました。

暑い日で、汗をかきながら、長い時間とぼとぼ歩いていると、やっと
遠くに美章園駅を見付けたので、あ、これならなんとかなる、と
思ったら、若い女性に声をかけられました。

「ハローワークはどっちですか?」

いや、私もハローワークに行くところなんですけど、道に迷っているところ
なんですよ、と言い訳しました。しょうがなくAndroidで地図を見て、
この道を行って、ここで左に曲って、ずっと行けばありますね、という
ことになりました。

この若い女性も道を聞いた割には、私の5メートルくらい後を離れて
歩いてきます。失礼なことです。いや、三歩下がっているのか?
そんなことはないか。「このごろ株が上がってますね」とか世間話を
しながら歩くくらいの気配りが欲しいものです。

無事にハローワークに着きました。しかし道に迷っている人が道に迷っている
人に道を聞いて、しかも行き先が同じとは。私は道を聞かれる人気アイドルに
なれたと思います。残念なことです。

### 他にも

実例は以上です。他にも駅の中やビルの中で教えることも多々あります。
街頭よりもわかりやすくなっているんだし、駅員や店員に聞けばいいのに。
でも手を伸ばしたら取っ手があった、みたいな感覚なんでしょうね。

## 私が人に道を聞かない理由

私が人に道を聞かないのは、一つにはプライドが高く、人に教えを
請うことをよしとしないからだと思います。

また時間に切羽詰って行動するのが好きではないので、その場に
いる人に道を聞いてまで急がなくてはならない状況が少ないからです。

そして道を聞くよりも探険する気分で歩くのが好きだからです。
要するに知ったかぶりになりたいのです。

消極的な理由としては、人に道を聞くのは結構間違いが多いと
思うからです。正しい道を教えてくれたとしても、
目印なんて人によって全然違います。「まっすぐ」だって
「方向」である場合もあるし、「道なり」である場合もあります。
いろいろ考えると地図を見るのが正解です。今はスマホもあるし。

## 付記

タイトルの「明日に道を聞かば夕べに死すとも可なり」は孔子の言葉
だそうです。私は子供のころ子供用のことわざ集で覚えました。
「聞かば」を「聞けば」と間違って覚えていました。

この「道」は「道路、通路」の意味ではなく「人の道」の意味だそうです。
「朝、人の理想を教えてもらえば、夜死んでも構わない」というような
意味のようです。

だから道の意味が違うのですが、まあ子供のころからこんなことを
知っている物知りだよ、ということを誇示するために付けてみました。
私に道を聞いた人がみんな夜死んでいたら怖いです。そうだとしたら
アイドルではなくモンスターですね。

それはともかく、私に道を聞いた人はこういうふうにブログで
さらされてしまうので、気を付けて下さい。と申し上げておきましょう。