## 限界道重

意外と知られていないことですが、ハロプロ(とくにモーニング娘。)は
明石家さんまと毎週ラジオをやっています。ヤンタン(ヤン土)という
番組で、MBSという関西の局で放送されています。(収録は東京)

道重さゆみは7年もレギュラーを務めていて、トーク力は
明石家さんまに鍛えられました。

元々道重は言葉が強く、届く言葉で話す人でしたが、
さらにその能力に磨きがかかりました。

昨日の放送に嗣永桃子(ももち)が来て、掛け合いが好評だったので、
聴いてみたのですが、本当におもしろかったです。

その中で最近の道重がミスばっかりしているという話になって、
明石家さんまに「もうお前は休め(笑)」と言われてました。

いろいろと理由はあるのでしょうが、かわいさのピーク(笑)、
疲れのピークでもあり、「限界道重」ということでの休業でしょう。
(グッズに「限界道重」と書かれたTシャツがあります。)

ただ本当の理由は他にある、という憶測は多く、休業の本当の
理由は不明です。芸能界引退かもしれません。衆議院選出馬かも
しれません。そのうちわかることでしょう。

## 美少女クラブ21瞬殺

昔『Mの黙示録』という音楽紹介番組がありました。音楽評論家の
方、アシスタントに中澤裕子、そしてなぜか道重さゆみもくっついて
出ていました。

そして美少女クラブ21(後に美少女クラブ31)というアイドルグループ
がゲストに来たときのことです。21人もいて、道重さゆみよりもかわいい
子が一人もいない。美少女クラブ21を瞬殺したと話題になりました。

当時の道重さゆみのかわいさは今の道重とはちょっと違っていました。
エコモニ。という石川梨華とのユニットでの道重はその衣装とも
相俟って、妖精のようでした。自分でかわいいと言う必要がなかった
ですね。

東京事変に『閃光少女』という曲があるのですが、その通り、
女の子にはとてもかわいくなる時期があるのですね。旬なのでしょうか。
人によって長いこともあり、一瞬であることもありますが、
どの女の子にもあることだと思います。

その一時を切り取っておきたくなるような、いとおしい時期が
道重にも長くあり、数々のアイドルを殺戮していたのでした。

## 舟を作って渡った

これは2ちゃんねるの狼板というところで書かれていたことで、
うまいなと思ったものです。記憶をたどって書きます。

アイドルは売れると売れないの間に川がある。モーニング娘。の
初期メンバーは全員ブームに乗って、向こう岸に渡れた。

2期メンバーの矢口や保田もまだ舟があり、それで向こう岸に
渡れた。3期の後藤は舟がなくても渡れた。4期(石川、吉澤、加護、辻
)は泥舟だったが、なんとか渡れた。でもそれ以降はブームが去って、
渡れる舟はなくなってしまった。

それ以降のメンバーはもう渡ることができなくなってしまった。

そんな中、道重は一人で舟を作って、自力で向こう岸に渡った、
というものです。

道重伝説とも符合するかと思いますが、うまい喩えだと思います。

## 最強のリーダー

道重はCDが出る度に、OGにCDを贈って、応援をお願いします、みたいな
メッセージを伝えていたようです。それまでそんなことをする
リーダーはいなかったとか。

道重はまだオリジナルのメンバーがいたときに加入していて、
今の全く新しいメンバーのモーニング娘。にいる、今となっては
唯一の絆なんですね。そして伝統を伝えています。

初代リーダーの中澤裕子が道重の卒業に際して「あなたは最強の
リーダーです」というメッセージを寄せました。

中澤こそ「弱肉強食」をスローガンとする「最強のリーダー」の
ようですが、その中澤から「最強のリーダー」と道重は言われました。

そもそもリーダーとは何か、ということですが、ドラッカーによれば、

> リーダーとは付き従うものがいるということである

とのことです。道重はリーダーとなって、確かにいくつかの成果、
オリコン1位の連続や注目度を上げました。しかしセールス的には
大した結果を残しているわけではないのです。

じゃあなぜ最強のリーダーなのか。中澤の真意とは違うと思いますが、
私がドラッカーの言葉を踏まえて考えるに、道重は今までのリーダーが
誰もできなかったことをやったのです。

それは「モーニング娘。’14」をメンバーを一つにまとめ上げ、
士気の高いチームを作ったことです。

メンバーそれぞれは個性もあり、いろいろな方向を向いていますが、
道重というリーダーに全員が付き従い、一体感のあるグループに
仕立て上げることに道重は成功したのです。

そして自分がちゃっかりとセンターに納まったのです。ここが
道重の腹黒いところでもあり、魅力でもあります。道重は子供の
お守りで終わるつもりではなかったのです。
(ちなみに矢口と藤本は子供のお守りが嫌だったようで、
リーダーを短期間で辞めています。)

## 大物受けがよい(特におじさん)

道重はなぜか大物芸能人、とくにおじさん受けがよいのです。

モーニング娘’14はなかなかミュージックステーションに出られませんが、
この間出たときはタモリの横に道重が座りました。タモリはニコニコ
していました。デレデレかもしれません。タモリは道重がいると
「道重〜」といじります。

明石家さんまの番組に出て、出来が悪かったときに、明石家さんまに
すみませんでしたとメールしたら、「そうやったな(空行)でもかわい
かったよ」という返信が来たそうです。(まあこれはかわいいで
終わっては駄目で、もっとちゃんと笑いをとりなさいという叱咤激励の
意味だったようですが。)

それ以外にも道重を発掘したと言ってもよい、上田晋也。
今田耕司も道重に振りやすそうですね。

私は休業の裏には大物芸能人によるレールが引かれているのではないかと
勘繰っています。

## じゃあ私は道重ヲタかというと

まあこういうふうに道重がなし得たことを紹介する私は道重ヲタなのか。

もちろん私は道重が好きです。当初から言葉の強さには魅力を
感じていましたし、もちろんかわいい。

でも道重ヲタかというとそうではないと思います。

私は昔辻ヲタでした。今の辻は一切見たくありませんが。

そこで思ったのは辻ヲタなりのなんというか共通点があるんですね。
これは男性だけでなく女性のファンともあるんですよ。

で道重ヲタと私にその共通点があるかというと、どうもなさそう
なんです。道重ヲタの感覚と私が感じる道重の魅力とは違う。

そういう意味で私は道重ヲタではないんです。

まあでもこういうエピソードを投稿するくらいですから
道重は好きです。

道重さゆみ様、卒業&休業おめでとうございます。