いきなり大きなテーマを出してしまいました。
私は実はWindowsプログラミングをしていた時間の方が長いです。
Unixは好きですが、Unixのプログラムを作ったことはありません。
(ここでいうプログラムはCかC++を指します。)

Windowsは確かに不安定な時期もありました。
しかし、Windows95は画期的なオペレーティングシステムですし、
Windows2000もすばらしい。Windows7は最高傑作とも言えます。
Windows8以降はほとんど使っていないので、なんですが、
Windows8はちょっと失敗(リリースを急いだ)、Windows8.1はさすが
マイクロソフト、ちゃんと使えるように戻してきました。
頑健なオペレーティングシステムになっているように思います。

Windows8のメトロインタフェースがいろいろ話題になっているようですが、
私はマイクロソフトがそういうものを出してこないと進歩しないと
思っているので批判する気にはなれません。

まあ、Windowsのプログラミングは難しかったので、愛憎半ばする
ところがあります。いろいろ葛藤した結果、
現在はGNU/Linux(Funtoo Linux)というものを使っております。

理由としては

– 心情的なもの
– 技術的なもの

に別れます。

## 心情的にWindowsを使わない理由

これは昔大学でコンピュータを習ったときにUnixワークステーション
というものを使いました。入社直後も同じ環境でした。

つまり私はUnix(とMS-DOSとMacintosh)に育てられたわけで、
Unixには憧れと愛着があります。Unixは個人では手に入らないもの、
学校や会社にあるもの、という意識でした。

それが今ではパソコンでUnixが動作します。LinuxはUnixではないのですが、
POSIX互換(Unixの共通規格みたいなもの)なので、
Unixライクなオペレーティングシステムと言えます。

Linuxとだけ言うとOSの中心部分、カーネルを指します。
Linuxが安定している、というのはカーネルがしっかりしている
ということです。でもGNU/Linux、個々のアプリケーションについては
意外と不具合があるということです。Windowsでは許されないことも、
GNU/Linuxでは許容されるということです。

続きます。