## NTFS

現在のWindowsではレジストリを使って、アプリケーションの
設定などを記録、取得しています。そして、ファイルシステムは
NTFSです。

NTFSは以前のFAT32と比べれば非常によいファイルシステムだと
思います。実際にNTFSに非常に高い評価を付けている人もいます。

でも私はNTFSはFAT、FAT32以外のファイルシステムと比べると、
それほどよいファイルシステムだと思いません。
確かにアクセス管理などでいろいろ機能が付いているのはわかります。
でも遅いと思いますし、デフラグが必要です。キャッシュが
付いているのかわかりませんが、レジストリをキャッシュに
置けばそれなりにスピードが上がる、あるいは遅くならない
のではないかと思います。

## いろいろなファイルシステム

Linuxではいろいろなファイルシステムが使えます。ext4、JFS、XFS、
ZFSなどです。

ext4は設計が古いと言われますが、ジャーナリング機能を備えて
おり、ファイルシステムの整合性のチェックは高速です。また
ファイルの断片化が起きにくく、デフラグは基本的に不要です。

ZFSは強靭なファイルシステムであり、また高速です。キャッシュを
最大限に利用して、メモリは残り1GBを残してキャッシュに使って
いるようです(あくまでも自分の環境での推測です)。いきなり
電源を切っても、ファイルシステムの整合性は保たれるそうです。
また、ファイルのコピーではコピーしたふりをして、
どちらかに変更があった場合に
実際のコピーをするなどして、効率化しているようです。

私はこの2つしか実際に使ったことはないのですが、それ以外にも
XFS、JFS、Btrfs、ReiserFS、NILFSなどいろいろと特長のある
ファイルシステムが選べます。

## 翻ってWindowsでは

翻ってWindowsではNTFSしか選べません。機能的には他のファイル
システムに劣るものではないのでしょうが、私はZFSが使いたい
のです。ZFSにしてパフォーマンスに違いが出るか調べたいのです。
でも使うことはできません。この選択肢のなさについて、
私は不満を感じるのです。

何年も前からマイクロソフトではWinFSという次世代の
ファイルシステムを開発
しているのですが、実用化されていません。理由は不明です。
機能が多すぎるのか、パフォーマンスが出ないのか、いろいろ
考えられますね。

## 付言

Linux上で動作する仮想マシンでWindows7を使っていたのですが、
これはあまり
遅くなることはありませんでした。単に使う頻度が少なかった
だけなのか、それともNTFSがext4の上で動作した場合、
ext4のディスクアクセスの効率がよくて遅くならなかったのか、
どっちなんでしょうね。