## 会社勤めのメリットとは…

会社に勤めることによっていろいろメリットがあります。

– お給料やボーナスがもらえる
– スキルが身につく
– 福利厚生が利用できる
– 信用されるようになる

などなど。

私にとって以上のような面もよいことでしたが、一番大きいのは
「人格の陶冶」だと思うようになりました。

## いわゆる丸くなった訳ですが…

昔は「飽きっぽく」「途中で投げ出す」「あきらめる」性格でした。
また感情に流されやすい面もあり、気分屋で、物事を深く考えることも
できませんでした。

会社勤めを続けることによって

– 仕事はいつかは終わる (終わらせられることもある)
– 仕事をうまく行かせるためには、うまく行かせるように手を打つ (今後起きることをできる限り予測する)
– 人付き合いで感情的になってもよいことはない
– 嫌いな仕事でもとりあえずベストを尽くす
– ベストを尽した上で、評価が悪いこともあるが気にしない
– 人に責任を問うのではなく、悪い状況を打開することに力を注ぐ

などなどが身についたと思います。

これらを通じて「人格が陶冶された」と思っています。
私生活でも粘り強くなったと思いますし、嫌なことでも
とりあえずやるようにしています。

病気で仕事を投げ出したじゃないか、という人がいると
思いますが、あれは休職の診断書が出ると即座に病休になる制度
だからです。

まあこの話は別途するかもしれません。

## それ以外にも

それ以外にも、仕事上のスキルを私生活に生かすことで、
生活を快適にすることができているように思います。

– メモには日付と題名を入れる
– 名刺には日付を入れる
– Todoリストを活用する
– やることの順番を事前に考えてから行動する

などなど。

仕事は仕事、私生活は私生活とはっきり分ける人も
います。労働や休養の肉体的・精神的な部分に
ついては正しいと思います。

でも仕事でやって(うまく行って)いる方法を私生活にも生かさない
のはちょっともったいないと思います。