## ハロプロメンバーのブログばっかり見てる

このところあまり暇がなくて、暇ができるとハロプロメンバーの
ブログばかり見ています。

これは現実逃避の危険信号ですよ。

ハロプロメンバーは47名らしいですが、そのほとんどを購読。
1人1日1記事または書けない日もある、という感じです。ただ
1日に2回も3回も更新する人がいるので、一日に40記事くらいは
読まないと消化できません。

未読が1615記事。最新のものから消化してので、今は4/3分までを
読んでいます。どんどん遡って積滞解消を目指しています。
過去のニュースを読むような意味のなさも感じますけれども。

たまにコメントも書いたりしてます。あれは特にデビューしたて
の子は嬉しいと思うんですよ。毎日ファンレターをもらうような
もんでしょ。私は大したコメントは書きません。ただおもしろい!
と思ったときとか、すごいとき、おめでたいときなどにちょこっと
コメントするだけです。枯れ木も山のにぎわいです。

## 握手会

それだけでも十分キモいわけですが、握手会にも行ったりしています。

本当のところ私は別に握手したいわけではないです。ただ
大阪まで来てくれたわけだし、すぐに行けるところなので、
ちょっとした応援の気分で行くだけです。

だから握手よりもその前にあるミニライブのほうが楽しみですね。
先日はJuice=Juiceの
握手会に行ってきましたが、思ったよりもずっと歌が上手くて、
グループも楽しそうな感じだったので、印象がすごく変わりました。

握手会の効果もあってか、Juice=Juiceの新曲は初日オリコンデイリー
チャート1位ということでした。まずはよかった。

そしてかわいいだけでなんとかしてようとして、かわいいだけで
オリコンウイークリーチャート3位を取った、勢いのあるカントリー・
ガールズの握手会にも行ってきました。

ミニライブも2列目で見ることができてよかったです。
[めんつゆ姉さんこと山木梨沙ちゃん](http://blog.keibit.com/archives/192)とも握手してきましたよ。

## Berryz工房の思い出

さらにキモくなります。Berryz工房はこの間無期限活動停止した
わけですが、実はデビュー当時、新星堂でシングルやアルバムを
勧められるまま購入していました。

まだ小学生のメンバーもいたわけで、そんなグループにがっつくのは
ロリコンとしか言えません。私は一応ロリコンではない(推定)ので、
がっついていたわけではないです。でもまあ買ったCDは聴いていました。

で、無期限活動停止に際してキャプテンの清水佐紀さんと
現ハロプロリーダー、℃-uteの矢島舞美さんが対談しているんですね。

私もそれほど入れ込んでいたわけではなかったですが、
一通りの話はわかります。おもしろく見ました。

で、すごいなと思ったのは途中で卒業したり、脱退したりした
メンバーのことも語っているんですね。ジャニーズとは大違い。

もちろん脱退理由などは話しませんが、今はいないメンバーも
大切な思い出なんだなあと思い、嬉しくなりました。

Berryz工房をかなり早い時期に学業専念のために卒業した
石村舞波さんのことも話題に出ていました。

Berryz工房の結成10周年の機会に舞波を誘ったらコンサートを
見にきてくれて、終演後にみんなで昔の曲を歌ったら、
舞波も覚えていて、一緒に歌って踊ったそうです。
しかも舞波は誰かの立ち位置が間違っていた
のを直していたという。それは誰なんだという気もしますが。

しかしなんていい話なんだ…。
Berryz工房も舞波もお互いを切り捨てたわけではなかったんだなと
思いました。ただ進む道が違っただけなんだと。

この対談はボリュームがありすぎて、全部を放送できず、
DVD化が決定。もちろん即予約しました。

## 変容

しかし女の子の成長ぶりを見るのはよいものです。
この子はかわいくなるんだろうか、と思うような子も
ちゃんとかわいくなるんですね。

逆に入ったときがピークだったような子もいます。

こんなことが言えるのはハロプロが長く続いているからです。
別に爆発的に売れる必要はありませんが、今後もずっとハロプロが
続くのに必要なだけ売れるよう願って止みません。